OZWALDさんの絵日記録

ディズニー🐭、任天堂ゲーム🎮、テニス🎾 好き男子の日常を伝える絵日記みたいなブログ

ウィンブルドン選手権2018 3R

注目の試合錦織圭VSキリオスの試合は劇的な幕切れとなりました。6ー1 7ー6 6ー4のストレートで錦織選手の試合となりました!ベスト16進出おめでとうございます!ストレートで勝利するとは予想していなかったです。素晴らしい試合運びでした。この勝利でツアー通算350勝となりました。ダブルでおめでとうございます!

第一セットはキリオス選手の調子が上がる前にブレイク成功することで良い流れに乗りました。第二セットも錦織選手が先にブレイク成功しますが、中盤にブレイクバックされると緊迫したキープが続きタイブレークに突入しました。タイブレークでは錦織選手の2ー3で迎えた21本のラリーを制したことがキーポイントだと感じます。タイブレークでキリオス選手のメンタルを揺さぶることに成功して見事タイブレークを取りました。このタイブレークを取れたことがこの試合で大きかったです。第二セットを取った時点で日没が迫ってくる中、月曜日に順延する可能性が高いと思われました。そんな中始まりました第三セット。第三セットはキリオス選手の集中力が高まりキープの応酬が続きます。錦織選手のサーブで危険な場面が増えてきましたが、見事なサービスエースで凌いでいました。錦織選手の5ー4で迎えたキリオスのサービスゲームをデュースの末ブレイク成功し、勝利となりました。

前回の記事でも指摘したキリオス選手を気持ち良くサーブを打たせないようにボールに多く触ることやタイブレークでの集中力、ファーストサーブの確率などを実行したことで勝利できたと感じます。錦織選手は一回戦からセカンドサーブを打つ時らポケットにボールを入れずにボールボーイから毎回ボールをもらうことでファーストサーブを入れなきゃと集中力が高まっていると語っています。一球入魂の気持ちで打てていることが今大会でのサーブの好調に繋がっていると思います。

そして、次の対戦相手はズベレフ選手をフルセットの熱戦で破ったグルビス選手です。グルビス選手は元トップ10プレイヤーの実力者です。二回戦で対戦したトミック選手同様不気味な存在です。最近は怪我がありランキングを落として予選からツアーを回ることが多いですが、ウィンブルドンでは予選を勝ち上がりベスト16まで上がってきました。芝を得意としているプレイヤーでビッグサーブに要注意な選手です。錦織選手は相手に気持ち良くサーブを打たせないようにキリオス戦と同じ戦術で挑んでほしいと思います。また、今年の錦織選手の特徴であるガッツポーズをする気迫溢れるプレーを見たいと思います。

グルビス選手に勝利すると悲願のベスト8となります。松岡修造さん以来の日本人男子ベスト8に向けてのチャンスがやってきました。錦織選手はこのチャンスをぜひ生かし、熱いガッツポーズがたくさん見られる熱い試合を期待します。歴史の新たな1ページに加わるであろうこの戦いをみなさんも一緒に応援しましょう!

オズワルドでした。