OZWALDさんの絵日記録

ディズニー🐭、任天堂ゲーム🎮、テニス🎾 好き男子の日常を伝える絵日記みたいなブログ

全仏オープン2018 4R

いよいよグランドスラム2週目に突入しました。錦織選手は3回戦までフランス人選手3連続というドローを勝ち抜いて4回戦まで来ました。メンタル面で厳しい戦いでしたが、体力面では消耗が少なく2週目に臨むことができる状況です。4回戦では次世代クレーキングの呼び声高いティーム選手と対戦です。ティーム選手は大のつくクレーコート好きな選手です。ティーム選手が得意なクレーコートで錦織選手がどのようなプレーを見せてくれるのか注目の一戦です。

結果は2ー6 0ー6 7ー5 4ー6のスコアで敗退となりました。残念な結果となりましたが、グランドスラム復帰戦でのベスト16は胸を張って良い結果です。

ティーム戦では第一セットと第二セットを簡単に落としてしまったことが勿体無かったですね。特に第二セットをベーグルで落としてしまったことが大きな敗因だと感じます。この試合ティーム選手は自慢のパワフルなショットで果敢に攻め続けました。錦織選手はティーム選手の重い高く跳ねるボールに感覚が合わずに簡単なミスが多発してしまいます。この日の天候が快晴でコートサーフェスが乾いていたことがティーム選手は追い風になったかもしれません。錦織選手はティーム選手の球質に慣れるのに時間がかかってしまいました。第二セットで持ち直してほしかったです。第三セットでは少し後ろに下がって長いラリー戦をする戦術に変わってティーム選手のミスを誘発させることに成功しました。錦織選手は最初前に入ってライジングで叩いていく戦術を取っていましたが、対応に遅れて2セットダウンに追い込まれてしまいました。錦織選手は同じ戦術に固執してしまう傾向があるので柔軟に第二セットからラリー戦で粘り強く戦う戦術に変えてほしかったです。第四セットではティーム選手にワンチャンスを物にされてしまう形となりました。2セットダウンからそのままストレートで負けずにここまで持ち直してくる選手は中々いません。流石錦織選手だと感じられた試合でもありました。

次に錦織選手はグラスコートシーズンに臨みます。決して得意なコートではありませんが、まずは怪我無く無事に試合で躍動してほしいと願っています。

そして、まだまだ全仏オープンは終わりではありません。ベスト8が出揃ったら優勝予想記事を出したいと思っています。女子の試合では4回戦で元女王同士の注目の試合が行われます。セリーナ選手VSシャラポワ選手の試合です。

その他にも注目の試合が多い全仏オープンを最後まで見届けましょう。

オズワルドでした。