OZWALDさんの絵日記録

ディズニー🐭、任天堂ゲーム🎮、テニス🎾 好き男子の日常を伝える絵日記みたいなブログ

全仏オープン2018 2R

錦織選手の対戦相手はあの天敵ペール選手です。地元フランスのプレイヤーで錦織選手にとって試練の試合となりました。

結果は6ー3 2ー6 4ー6 6ー2 6ー3のフルセットの死闘の末錦織選手が逆転勝利しました。本当におめでとうございます!2時間59分のタフマッチを制しました。第一セットは錦織選手のペースで取りましたが、第ニセットと第三セットはペール選手のペースとなりました。第四セット序盤でペール選手のペースから粘ることで錦織選手のペースへと徐々に変化していって、芸術的な片手のパッシングショットが決まり錦織選手が盛り返してきました。第五セットでは一進一退の攻防が続く展開でしたが、錦織選手が先にブレイク成功します。しかし、直ぐにブレイクバックされてしまいました。ここでペール選手ペースにすると危険な流れでしたが、再度ブレイク成功して錦織選手のSFMを迎えます。またもや先にブレイクポイントを握られる厳しい展開となりますが、粘ってデュースまで戻して最後はフォアハンド側にセカンドサーブを打って相手のリターンミスによって試合終了となりました。

この試合3セットマッチでは錦織選手は負けていた試合でした。しかし、グランドスラムは5セットマッチです。第四セットと第五セットを連取することで勝つことができました。これがテニスの面白いところですね。5セットマッチは3セット取らないと勝てないタフな戦いですが、こうした逆転劇が生まれることも事実です。従って、グランドスラムでは今後も5セットマッチの伝統が続いてほしいと思います。

試合前に錦織選手にとって厳しい戦いが待っていると予想しましたか、まさかここまでタフなフルセットマッチになるとは思いませんでした。ペール選手への地元フランスの観客からの声援は凄まじくペール選手に大きなパワーを与えているように感じました。全米オープン1回戦でフルセット負けしている嫌なイメージがありましたが、見事に勝利して試合を終えました。この試合に勝利することで錦織選手は次のラウンドに進めるようになりました。負けずに勝てたことは大きな収穫です。この試合では錦織選手のメンタルの強さが感じられました。RGのセンターコートでフランス人選手相手に素晴らしい勝利を飾りました。

次の対戦相手はなんとこれで3回連続での対戦となります。そう、フランス人選手との対戦です。その名は初対戦となるシモン選手です。シモン選手は2回戦でシード選手であるクエリー選手を倒しての勝ち上がりです。シモン選手は粘りが信条であるプレイヤーです。この試合で体力が削られないように省エネで勝利を目指したいところです。シモン選手は守備的でミスが少ないプレイヤーなので錦織選手は自分から攻めていくテニスが求められます。まずは身体をしっかり休めてシモン選手との試合に臨んでほしいです。

シモン戦はまたもやアウェーでの戦いとなります。錦織選手はメンタルを強くコントロールして冷静かつ攻撃的なプレーで主導権を握ることが大切です。次戦も熱い戦いをみなさんで応援していきましょう!

オズワルドでした。