OZWALDさんの絵日記録

ディズニー🐭、任天堂ゲーム🎮、テニス🎾 好き男子の日常を伝える絵日記みたいなブログ

マスターズ1000 IW大会2018 2回戦結果

今日の試合、錦織選手は2回戦に出場する予定でしたが、先週のアカプルコオープンから患っていた風邪が完治せず棄権となりました。残念な結果となりましたが、フロリダの自宅に戻って静養するみたいですので得意なマイアミオープンに向けてじっくり休んでほしいと思います。

本日はもう1人の日本人選手の活躍がありました。そう、ダニエル太郎選手です。ジョコビッチ選手との試合でフルセットの熱戦の末見事勝利を飾りました。おめでとうございます!

ダニエル太郎選手はトップ20選手に対する初勝利並びに日本人選手では錦織圭選手に続くBIG4選手への勝利となりました。

ジョコビッチ選手は全豪オープン以来の実戦で復帰戦でした。ジョコビッチ選手は以前の鉄壁のディフェンス力に陰りが見え、UEを量産していました。まだ試合勘が戻っていない印象でした。ジョコビッチ選手は本調子とはいえない状態でしたが、ダニエル太郎選手は果敢にベースライン上に留まり攻める姿勢を見せました。また、ダニエル太郎選手はかってシモン選手が全豪オープンジョコビッチ選手をフルセットであわや負ける寸前までUEを量産させる状態に追い込む再現をしました。ボールをセンター深くに集める手法を用いてジョコビッチ選手の角度ある返球を封じることに成功しました。

ダニエル太郎選手は元来ベースライン後方でボールをつないでいく守備的な選手です。このままのプレースタイルだとダニエル太郎選手はトップ100の壁を破れても、それより先のランキングを上げていくのは難しいと考えていました。今年に入りダニエル太郎選手はサーブの改善やベースライン上に留まり攻めるプレースタイルへ変化を試してきました。まだ結果が出るのは先だと思ってましたが、このジョコビッチ戦の勝利が一つの成果だと思うので継続していってほしいですね。昨年の西岡選手や杉田選手の覚醒に続いて今年はダニエル太郎選手の覚醒が見られるといいですね。

オズワルドでした。