OZWALDさんの絵日記録

ディズニー🐭、任天堂ゲーム🎮、テニス🎾 好き男子の日常を伝える絵日記みたいなブログ

ワシントンオープン2018 2R

錦織選手が出場するワシントンオープンで錦織圭VSヤングの試合が行われました。結果は6ー3 6ー4のストレートで勝利しました。初戦突破おめでとうございます!

第一セットを良いリズムで取った錦織選手ですが、第二セットになってヤング選手がMTOを取って暫く時間が空いたことが影響してミスが増えてきました。4ー4までスコアを戻される展開でしたが、直ぐにブレイク成功して6ー4で勝利できました。試合を通じて良かった点はサーブのコントロールです。エースが欲しい場面でエースが取れていて理想的でした。錦織選手はグラスシーズンからサーブの安定感が増してきたと感じます。したがって、安定感あるサービスゲームができるようになってきました。サービスゲームが安定することでリターンゲームに集中できるので好循環になると思います。

次戦は若手の成長株であるシャポバロフ選手と対戦します。今回対戦したヤング選手と同じレフティーの選手なので同じ戦術で戦えるというメリットがあります。しかし、全く同じでは通用しないのでオリジナリティな新たな戦術も必要です。

若手と対戦する時には強くなる錦織選手の活躍を信じ応援していきましょう!

オズワルドでした。

ワシントンオープン2018 いよいよ開幕

間も無く錦織選手が出場するワシントンオープンが始まります。錦織選手の初戦は一回戦はシード選手なのでパスして二回戦からの登場となります。二回戦の相手はヤング選手or復活を目指す実力者ワウリンカ選手です。ワウリンカ選手との対戦が実現するとかなりタフな試合になると感じます。大会の序盤でいきなりワウリンカ選手と戦うのは多くのエネルギーをつぎ込まなければなりません。勝っても負けてもお互い消耗する戦いになると予想します。錦織選手にはワウリンカ選手と対戦したならば、力を出し切った気持ちの良い試合をしてほしいと願っています。

他の日本人選手では杉田選手と綿貫選手が出場します。綿貫選手は予選2試合を勝ち抜いての本戦入りです。両選手とも一回戦を勝ち進んでほしいと思います。

世界で戦う日本人選手の活躍を願ってみなさん応援していきましょう!

f:id:OZWALD:20180730223023p:image

オズワルドでした。

ウィンブルドン選手権2018 F

アンダーソンVSジョコビッチの試合は2ー6 2ー6 6ー7でジョコビッチ選手の優勝🏆となりました。4度目のウィンブルドン制覇おめでとうございます!アンダーソン選手は第一セットと第二セットで精彩をかいてましたが、第三セットのプレーは素晴らしかったです。しかし、ジョコビッチ選手の粘りの守備力が僅かに上回りセットを取れずに準優勝となりました。アンダーソン選手改めておめでとうございます。タフマッチに勝っていく姿を見て、力をもらいました。

ジョコビッチ選手はまさに完全復活という出来でした。錦織選手との対戦を制したところからギアが上がり優勝まで駆け上がった印象でした。これで今年のグランドスラム優勝者はフェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手となりました。ビッグ4復活と言える活躍ですね。残りのシーズン錦織選手を始め各選手たちはビッグ4に立ち向かってほしいと思います。

錦織選手はウィンブルドン選手権で初のベスト8という結果でした。大会前に達成してほしいと思っていた目標だったので達成できて嬉しい気持ちです。次は全米オープンまで繋がる北米ハードコートシーズンが開幕します。錦織選手はATP500ワシントン大会に出場します。ぜひ錦織選手にはハードコートで良い感触を得て全米オープンに備えてほしいです。

錦織選手の戦いを共に応援していきましょう!

オズワルドでした。

ウィンブルドン選手権2018 QF&SF

錦織選手がベスト8まで勝ち上がってきました。そして、対戦相手が元世界ランキング1位のジョコビッチ選手です。錦織選手は2014年の全米オープン以来勝てていない連敗中の相手です。気になる結果は3ー6 6ー3 2ー6 2ー6のスコアで敗れました。第三セットの0ー40のブレイクチャンスを生かしていれば違った展開が見られたと感じました。悔しい結果ではありますが、大きな怪我無くグラスコートシーズンを終えられたことが何より良かったです。この悔しさは北米ハードコートシーズンで爆発してほしいと思います。

SFではアンダーソンVSイズナーの試合は壮絶なデスマッチとなりました。フルセットの熱戦で第五セット26ー24のスコアでアンダーソン選手の勝利となりました。6時間半の試合でした。アンダーソン選手の方がイズナー選手より余力を残していた印象でした。アンダーソン選手は昨年の全米オープンに続いて二度目のグランドスラム決勝進出です。初の優勝目指して全力を出し切ってほしいですね。

もう一つのSFも壮絶な試合でした。ジョコビッチVSナダルの試合はフルセットの激闘となり、最後は10ー8のスコアでジョコビッチ選手の勝利となりました。2016年全米オープン以来の決勝進出おめでとうございます。ジョコビッチ選手復活と言ってもいいでしょう。ナダル選手は不運が重なり悔しい試合となりました。ジョコビッチ選手が多くのブレイクピンチを凌いだことによって勝利に繋がったと思いました。勝負強かったです。

決勝はアンダーソンVSジョコビッチの試合です。どちらが勝っても祝福できる素晴らしい決勝になると思います。個人的にはアンダーソン選手に祝杯を掴んでほしいと思います。32歳という年齢でも進化しているアンダーソン選手に期待したいです。錦織選手にとってもアンダーソン選手の姿から学ぶことが多いと思います。

注目の決勝をみなさんぜひ観戦しましょう!

オズワルドでした。

ウィンブルドン選手権2018 4R

錦織選手が決して得意としていないグラスコートで開催されるウィンブルドン選手権でベスト16まで勝ち上がり、2週目まで残っています。そして、ベスト8を懸けた試合が行われました。錦織圭VSグルビスの試合は激戦となりました。4ー6 7ー6 7ー6 6ー1のスコアで錦織選手の勝利となりました!ウィンブルドン初のベスト8進出おめでとうございます!

この試合のポイントは第二セットにありました。第一セット序盤にサービスゲームのキープに苦戦したことでセットを落としてしまいました。グルビスセットのサービスゲームでほとんどポイントを取ることができませんでした。続く第二セットも右肘や右手首の痛みがあるようで何度もドクターを呼び治療していました。このままではリタイアする可能性もあると思いながらプレーを見ていました。そんな第二セットを粘ってタイブレークまで持ち込みました。このタイブレークを集中力を高めて取ったことでセットカウントをタイにすることができ、メンタル面でも試合スタート時点までリセットでき互角となりました。

第三セットでは徐々にグルビスセットのビッグサーブをリターンできるシーンが増えていきました。このセットもタイブレークに突入しました。タイブレーク5ー2と錦織選手がリードの場面でグルビス選手が芝で滑って転倒した影響で治療のための時間が設けられました。時間が空いて再スタートしましたが、集中力が切れてしまったのかダブルフォルトや簡単なミスなど中々セットポイントを取りきれない場面が多発してグルビス選手にセットポイントが2回いきました。しかし、グルビス選手も転倒した影響なのかミスが多く、結局12ー10のスコアで錦織選手が取りました。このタイブレークを取れたことが第四セットの結果に繋がります。

第四セットではこの試合初めてのブレイク成功して、6ー1でセットを取りました。グルビス選手は怪我の影響で長いラリーをすることが難しい印象でした。グルビス選手に助けられた部分はありますが、この勝利は第二セットと第三セット二つのタイブレークを取れたから成し得たことだと思います。松岡修造さん以来のベスト8改めておめでとうございます!

次戦の対戦相手は苦手なジョコビッチ選手です。ジョコビッチはカチャノフ選手相手にストレートで勝ち上がってきました。今大会のジョコビッチ選手はコーチやチームが全盛期の時と同じになり、プレーも全盛期に戻りつつあると感じられます。そのジョコビッチ選手相手に錦織選手は今年のウィンブルドンで好調だったサーブの精度が大切となります。特にファーストサーブの確率と獲得率が大切です。また、ジョコビッチ選手に攻撃されないセカンドサーブも必要です。錦織選手は右肘の痛みが心配ですが、試合ができる痛みならばアドレナリンを出して気迫溢れるガッツポーズをするプレーが見たいと強く願います。もし、痛みが強くなってしまったら無理はせずにリタイアしてほしいと思います。そして、得意な北米ハードコートシーズンに備えてほしいです。

錦織選手にとってチャレンジャーとして戦えるジョコビッチ戦。ぜひ心から楽しんでプレーしてほしいです。みなさん歴史を塗り替える戦いを続ける錦織選手を日本中の力を合わせて応援しましょう!

オズワルドでした。

ウィンブルドン選手権2018 3R

注目の試合錦織圭VSキリオスの試合は劇的な幕切れとなりました。6ー1 7ー6 6ー4のストレートで錦織選手の試合となりました!ベスト16進出おめでとうございます!ストレートで勝利するとは予想していなかったです。素晴らしい試合運びでした。この勝利でツアー通算350勝となりました。ダブルでおめでとうございます!

第一セットはキリオス選手の調子が上がる前にブレイク成功することで良い流れに乗りました。第二セットも錦織選手が先にブレイク成功しますが、中盤にブレイクバックされると緊迫したキープが続きタイブレークに突入しました。タイブレークでは錦織選手の2ー3で迎えた21本のラリーを制したことがキーポイントだと感じます。タイブレークでキリオス選手のメンタルを揺さぶることに成功して見事タイブレークを取りました。このタイブレークを取れたことがこの試合で大きかったです。第二セットを取った時点で日没が迫ってくる中、月曜日に順延する可能性が高いと思われました。そんな中始まりました第三セット。第三セットはキリオス選手の集中力が高まりキープの応酬が続きます。錦織選手のサーブで危険な場面が増えてきましたが、見事なサービスエースで凌いでいました。錦織選手の5ー4で迎えたキリオスのサービスゲームをデュースの末ブレイク成功し、勝利となりました。

前回の記事でも指摘したキリオス選手を気持ち良くサーブを打たせないようにボールに多く触ることやタイブレークでの集中力、ファーストサーブの確率などを実行したことで勝利できたと感じます。錦織選手は一回戦からセカンドサーブを打つ時らポケットにボールを入れずにボールボーイから毎回ボールをもらうことでファーストサーブを入れなきゃと集中力が高まっていると語っています。一球入魂の気持ちで打てていることが今大会でのサーブの好調に繋がっていると思います。

そして、次の対戦相手はズベレフ選手をフルセットの熱戦で破ったグルビス選手です。グルビス選手は元トップ10プレイヤーの実力者です。二回戦で対戦したトミック選手同様不気味な存在です。最近は怪我がありランキングを落として予選からツアーを回ることが多いですが、ウィンブルドンでは予選を勝ち上がりベスト16まで上がってきました。芝を得意としているプレイヤーでビッグサーブに要注意な選手です。錦織選手は相手に気持ち良くサーブを打たせないようにキリオス戦と同じ戦術で挑んでほしいと思います。また、今年の錦織選手の特徴であるガッツポーズをする気迫溢れるプレーを見たいと思います。

グルビス選手に勝利すると悲願のベスト8となります。松岡修造さん以来の日本人男子ベスト8に向けてのチャンスがやってきました。錦織選手はこのチャンスをぜひ生かし、熱いガッツポーズがたくさん見られる熱い試合を期待します。歴史の新たな1ページに加わるであろうこの戦いをみなさんも一緒に応援しましょう!

オズワルドでした。

ウィンブルドン選手権2018 2R

注目の錦織圭VSトミックの試合はいや〜タフな試合でしたね。2ー6 6ー3 7ー6 7ー5のスコアで錦織選手が勝利しました。おめでとうございます!

第一セットはコイントスに勝ち、サーブを選んだ錦織選手から始まりました。ファーストサーブが安定して入らない場面が連続して発生してしまい簡単にセットを落としてしまいました。第二セットではこの試合初めてトミック選手のサーブを破りブレイク成功するとワンブレイクの差を守り第二セットを取りました。第三セットでは先にブレイク成功しますが、直ぐにブレイクバックされてしまいタイブレークに突入します。タイブレークでは流れがいったりきたりするハラハラする展開でしたが、錦織選手がワンチャンスを物にしてセットを取りました。続く第四セットはトミック選手がメディカルタイムアウトを取った影響だったのか動きが悪くなったことでタイブレークに突入する前にブレイク成功して勝利することができました。この試合のトミック選手は粘り強いトリッキーなプレーで錦織選手を苦しめました。また、ミスも少なく錦織選手にプレッシャーがかかる試合でした。特に錦織選手のサーブをドロップショットで返した場面は驚きました。

錦織選手はこの試合ピンチの場面でのサービスエースが光りました。この試合のサービスエースの数はなんと24本です。錦織選手のキャリアハイ更新です。ビッグサーバー錦織圭誕生なのか?と思いました。トミック選手がサーブのコースを早い段階で読んでリターンするという戦術だったことも要因かもしれません。錦織選手が相手の読みを巧く外していた印象でした。

調子の良かったトミック選手に競り勝ったことは次のラウンドにも生きてくると感じます。さて、次のラウンドの相手はオーストラリアの悪童その2キリオス選手です。キリオス選手はテニスセンスの塊と言われる選手でビッグサーブからの強打、柔らかいタッチのネットプレーが持ち味です。特にグラスコートでのキリオス選手のサーブは危険です。錦織選手はノータッチエースを簡単に取られないように返せなくても触ることが大切です。とにかくキリオス選手に気持ち良くサーブを打たせないようにしなければなりません。そして、錦織選手はファーストサーブの確率を高めてトミック戦のようなピンチの場面でサービスエースを取ることが大切です。自分のサービスゲームを落とすことはそのゲームを落とすことに繋がると言っても過言ではありません。したがって、粘り強くサービスゲームをキープしてタイブレーク勝負の試合になると予想します。タイブレークではギアを上げてキリオス選手のメンタルを揺さぶるプレーを見せてほしいと思います。

ウィンブルドン選手権1週目最大の山場をぜひ日本のみなさんの力を合わせて応援していきましょう!

オズワルドでした。